日常生活に戻るためのうつ病の治療はこれ!


カウンセリング療法について

心理学などを学んだカウンセラーと対話をしながら心の疲れを回復していく方法です。患者の要望を傾聴してくれるのでしっかりと話せる環境を作り出してくれますし、適切なアドバイスも提示してくれます。日常生活を営みながら心の状態を観察してくれるのでこころ強いです。苦手な体験や印に対しても、徐々に向き合いながら慣らしてくれる手法も取り入れてくれます。患者がリラックスでき、静かな空間で対話をしてくれることも特徴です。

集団生活による生活復帰

同じ境遇に合った人たちと共同生活を送ることで対人生活能力を回復させます。ゲームをして遊んだり、ボランティアや料理など仕事の要素を入れたり様々なイベントをこなしていきます。生活技能訓練といって、相手を理解したり言葉を伝えたりするコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を身につけてくれる指導も行ってくれるのです。万が一、間違った行動をとった場合は、カウンセラーとどうしてそのような結果になってしまったのかを一緒に考えながら対処して改善をしていきます。

リラクゼーション手法について

色々な場面でやはりストレスは感じていきます。自分で発散したりコントロールすることができるようにリラクゼーションを身につけさせてくれるのです。具体的には筋弛緩法などがあります。これは交感神経の働きが優位になって心が緊張状態になっているものを力を入れたり抜いたりする体操を教えてくれます。深呼吸の方法を学ぶことでリラックスも可能です。自分で簡単にできる特徴があります。

光トポグラフィー検査というのは、近赤外光により脳の血流変化を測定し数値化するというものです。このことで、問診だけでは判断が難しかった軽度うつ病患者の発見にも大いに役立つようになりました。