傷みの予防に不可欠?酸洗いを行う目的や注意点を学ぼう!


洗浄と品質保持が酸洗いの目的

金属製品に付着した汚れやサビを取り除くために行うのが酸洗いですが、単に汚れを洗い流すだけではなく、品質を損なわないのも目的のひとつです。酸洗いに使う薬剤は皮膜を形成する成分が含まれているので、金属製品を万遍なくコーティングする効果があります。皮膜で覆われることによって汚れが付着しても簡単に拭き取ることができる他、サビの予防にも繋がるのです。金属製品にサビが生じるのは表面にある微小な傷が原因です。空気中の酸素が金属の成分と結びついて生じるのがサビであり、次第に金属そのものを腐食させてその品質を大きく損なわせます。皮膜で傷が塞がれることによって酸素が侵入せず、サビも発生しなくなるのです。

金属製品の状態改善に役立つが欠点もある

酸洗いは金属製品の汚れを取り除き、新たな不具合の発生を防ぐのに便利です。その一方で使用する薬剤と金属製品の相性には十分に注意しなければいけません。材質によっては酸洗い用の薬剤の影響で劣化が著しく進んでしまうことがあるためです。また、塗装を施している場合は薬剤によって塗装面が傷んでしまうことがあります。綺麗な皮膜を作るためには予め古い塗装面をすべて剥がす必要がありますが、剥離作業の際に金属製品に傷が生じることもあるのです。そのため、酸洗いを行う際は事前の準備も入念に行うことが重要と言えます。酸洗いを終えた後は使用済みの薬剤を処分しますが、様々な汚れが混在しているうえに人体に有害な成分も含まれているのでその手順は厳守しなければいけません。

酸洗いとは強酸槽に製品を漬けることで、製品表面に付いたもらい錆びやスケールなどを除去して綺麗にする処理のことです。