様々な職業で耳にするCAD!今さら聞けないCADの基本知識


そもそもCADってなに?

「CAD」という単語を耳にした事がある方は多いですよね。様々な職業で使用する機会が多いCADですが、実はあんまり詳しくないという方も少なからず存在します。CADは「Computer Aided Design」の略で、冷蔵庫といった大型家電からスマートフォン等の小さいな機械まで数多くの製品・商品の設計・作図に使用されているツールです。また、CADには、幅広い分野の設計・作図に使用出来る汎用CADと特定の分野に特化した機能を備えている専用CADの2種類があります。

CADの得意とする作業とは?

幅広い業種で活用されているCADは、製図を最も得意としています。CADが登場するまでは手書きで作成されていた図面をコンピューターで作成出来るようになった事で製図にかかる時間を大幅に短縮する事が出来るようになりました。また、手書きの製図の際に問題となっていた線の太さのバラつきの解消や製図の修正がしやすくなる等、CADは使用するだけで様々なメリットが得られます。もちろん、コンピューターでデータを管理しているので、データの管理や共有がしやすくなった事に加えて、複数の図面を同時に表示させて見比べたりする事も出来るようになりました。

2DCADと3DCADは何が違うの?

CADには「2D」と「3D」の2種類の表現方法が存在します。2Dは2次元で図面を表現する方法の事を指し、製品・商品を断面図として製図しています。手書きが主流だった頃の製図方法と同じなので見やすいといった特徴が挙げられます。一方、3Dは立体の製図を行う表現方法です。手書きでは表現出来ない製図は立体となっています。2Dでは理解しにくい曲線や細かな箇所でも3Dの製図なら視覚から図面を理解する事が可能です。CADの2Dと3Dにはそれぞれ違ったメリットがあります。

CADはコンピュータによる設計支援ツールで、水道CADは一般的に上下水道の配管図面を作るために利用されています。